ようこそ
DC大和塾空手クラブへ

s-DSC_0505

DC大和塾空手クラブは子供達に空手を通して日本の文化を伝える事をモットーにメリーランド州で活動している空手団体です。5つのロケーションで稽古する事ができます。指導は日本語で行っています。

 

”グローバルになっても忘れてはならぬ大和魂”

 

DC大和塾空手クラブの目指すところ

空手の稽古を通じて日本の文化、考え方(心)を学ぶ。例えば、言い訳をしない。苦しさを顔に出さない。ビッシッと背筋を伸ばして立つ。威張らない。これらの事はアメリカの地ではあまりピンと来ません。そして、このアメリカの地で生活している日本の子供達にも何で?という感じではないでしょうか。

日本は素晴らしい国です。その素晴らしさを支えている考え方(心)を次代の子供達に伝えていかなければなりません。伝統は一度途切れると段々と消えて行ってしまいます。昔話にならないように心に受け継いでいかなければ。

DC大和塾空手クラブではいろいろな稽古をしますが、一番大切にしているのは姿勢です。心のあり方が姿勢に現れます。自分の気持ちが前に出すぎれば前傾になったり、相手の蹴りが怖ければ顔が横を向き頭が逃げたりします。

「姿勢をコントロールする事 = 心をコントロールする事」だと思います。よく子供達に正座をしている時に、背筋をしっかり立てた時とダルそうに曲げた時の心の感じを聞きます。
みんな感じると思います。背筋が伸びた時の心のあり方を。

子供達が自分自身でそれに気づき、また自分自身を冷静に見られるようになれば自分の足りなさを知ることができます。そしてそこから努力しなければと奮起し頑張ればそれが自信となります。自分の弱さも知っている自信は謙虚な心を生み、それが礼節という形に表れると思います。

子供達が言い訳を作らずしっかり自分自身と向き合う。そして将来、逞しくやさしい若人に成長する事がDC大和塾 空手クラブの目指すところです。

 

入塾について

DC大和塾空手クラブにご興味のある方は「お問い合わせ」のページよりお気軽にご連絡ください。まずは稽古をご見学に来ていただいて、その際に詳細をご説明いたします。